【Q&A】中古マンションの築年数について

早いものでもう年の瀬ですね。
建築士の柴田です。

先日開催しましたセミナーにて、こんな質問がありました。
「中古マンションって築何年くらいまで大丈夫なのでしょうか?」

中古マンションを購入する時の不安要因として、築年数があります。まずは購入したい中古マンションが新耐震基準になっているかどうかを確認しましょう。

1981年6月1日以降に建築の確認申請を行って建築された建築物を新耐震基準に適した「新耐震物件」、それ以前の建築物を旧耐震物件と呼んでいます。「旧耐震」と「新耐震」の明確な違いは、震度5で倒壊しない基準が「旧耐震」、震度7で倒壊しない基準が「新耐震」と位置付けられています。

図は朝日新聞デジタルより抜粋

 

注意したいのは、「1981年6月1日以降に建設した」ではなく、「1981年6月1日以降に建築の確認申請を行った」という点です。

基本的に、建築物は建設前に設計図を役所等に提出して申請を行います。マンションの工期は階数+3ヶ月と言われているので、1年から1年半はかかると見積もっても、新耐震基準の物件は1983年6月以降に完成しているものを意識して物件を探すと良いでしょう。

また、旧耐震の建物でも耐震改修工事をして、新耐震基準を満たしている物件もありますので、意識して確認しましょう。

みなさま、良いお年をお迎え下さい。